下肢静脈瘤とはどういう病気?症状について勉強してみよう

下肢静脈瘤の基本的な特徴と手術以外の治療方法について学ぶ

ロゴ

治療法を選ぼう

下肢静脈瘤の治療方法として有名なのが、外科手術です。しかし、外科手術以外の治療方法を選ぶこともできます。ランキング形式で治療方法を紹介していくので、この機会に確認しておきましょう。

下肢静脈瘤の保存的治療法

医者と看護師
no.1

理学療法

運動による治療方法も用いられることがあります。その運動は、ふくらはぎを意識して行うものです。ウォーキングや水泳で足の血流を良くすることによって、下肢静脈瘤を治療していくのです。

no.2

ストッキング

弾性ストッキングを用いた下肢静脈瘤の治療方法を選ぶ人も少なくありません。足全体を弾性ストッキングで圧迫することによって、下肢静脈瘤の症状を軽減できるでしょう。

no.3

硬化療法

体へ負担をかけにくい治療方法が、硬化療法です。下肢静脈瘤が起こっている静脈に硬化剤を注入することで閉塞させます。痛みがないので、安心して受けられる治療として有名です。

下肢静脈瘤とはどういう病気?症状について勉強してみよう

相談

血管が浮き出る

下肢静脈瘤は、足の血管が浮き出てしまう病気です。特に、ふくらはぎ当たりの血管が蜘蛛の巣のように浮き出てきます。そのため、目視で病気が発症したことを知ることができるのです。

ドクター

静脈の不具合

静脈の中の便が不具合を起こすと、血液が逆流してしまいます。そのため、足の血管が浮き出てしまうのです。下肢静脈瘤は静脈の病気とされています。また、男性よりも女性に多い病気と言われているので注意しましょう。

命の危険はない

基本的に下肢静脈瘤になったからといって、命に危険が及ぶことはありません。しかし、放置して治ることもないのです。早めに専門のクリニックで相談しておけば、症状が悪化する前に治療できるでしょう。

広告募集中